English 日本語
ウルトラマイクロデータセンター® VR-Cloud® イベント お問い合わせ
VR-Cloud® サーバソフトウェア

VR-Cloud®ソリューションのサーバ側では、UC-win/Roadが幾つかのプラグインと共に使われます。UC-win/Roadとは、フォーラムエイトが10年以上前から開発を続けている、リアルタイム3DVR可視化シミュレーションソフトウェアです。VRとシミュレーションの分野において様々な賞を拝受しており、リアルタイムでのヴァーチャルワールドシミュレーションとその表示に効果的なソリューションとして実績があります。またそれだけでなく、他のソフトウェアで行われたシミュレーション結果(交通シミュレーションや緊急時のシミュレーションその他)を表示することもできます。

UC-win/Roadでヴァーチャルワールドを作るのは非常に簡単です。まず最初に地形データを読み込みます(UC-win/Roadは地球上の任意のエリアを表示するための地形データ形式の大半をサポートしています)。一度地形を読みこめば、その中に道路や線路をとても簡単に作ることができますし、それだけでなく建物や樹木やその他様々なモデルを追加して、ヴァーチャルワールドをより現実的にすることができます。一度作ったヴァーチャルワールドには、道路上の交通シミュレーション定義や歩行者の追加、その他時間経過で変化する機能を設定することができます。

UC-win/Roadは順応性の高いアーキテクチャを持ち、いろいろな物事のシミュレーションのため、コアプログラムとは別にフォーラムエイトが提供する様々なプラグインを持っています。フォーラムエイトはSDKも提供しておりますので、UC-win/Roadによるヴァーチャルワールド内で様々なシミュレーションを行えるようにするプラグインが、たくさんのユーザの手によって作られています。

UC-win/Road自身はスタンドアローン型のデスクトップアプリケーションですが、プラグインをサポートしているので、我々は比較的容易にクライアントとの通信に用いるためのサーバ機能を追加することができました。サーバの設定は、シンプルさを保ちつつも様々な設定を可能にし、また、UC-win/Roadアプリケーション内で直接アクセスできるようにしました。また、我々はユーザがヴァーチャルワールドとだけでなく、ユーザ同士でも情報のやり取りが出来るように、空間座標内に配置される3D掲示板及び注釈機能を管理する連携プラグインを追加しました。

3D掲示板機能は、インターネットにおける通常の掲示板のようにユーザがトピックを作ったりそのトピックに返信したりできますが、決定的な違いはヴァーチャルワールド上にそれらのトピックが直接表示されていることです。この機能は、ヴァーチャルワールド上の特定のエリアにおいて、ユーザ同士が見解を共有するのに非常に有効です(例えば、ヴァーチャルワールドが都市の一角の改修後のシミュレーションを表しているものであった場合、ここが良い、ここはこうした方が良いなどユーザは容易に意見を言い合えます)。注釈機能は、MicrosoftのPowerpointの様に、しかし実際にはより幅広いかたちでヴァーチャル空間上の一点に図形や文字を描くことで、ユーザが自分のアイデアを図で説明できる機能です。何もない背景を用いることとの違いは、その視点でのヴァーチャルワールドのイメージを使うことです(掲示板機能と同様の例の場合、通りに駐車場を作るときなど、ユーザはとても簡単に素早くそれを描けます)。連携プラグインの詳細について更にお知りになりたければ、本ウェブサイトのPCまたはAndroidクライアントのページをご覧ください。

Forum 8 Co., Ltd.